仙台市泉区の司法書士法人。相続と遺言サポートに特化しています。

司法書士法人あおばの杜 泉店

相続に関する手続

相続に関する手続

相続についてこんなお悩みありませんか?

  1. 不動産の名義変更をしたいが、どうしていいかわからない。

  2. 仕事で平日の日中に時間がとれないので何度も役所に行く時間がない。

  3. 音信不通の相続人がいるために相続手続が進まない。

  4. そもそも相続税がかかるかどうかわからない。

  5. 預貯金や株式を相続したが、時間がなくて手続を放置してしまっている。

  6. 亡くなった父親に借金があったので相続を放棄したいが、手続方法がわからない。

相続について些細な悩みでも構いませんので、まずは当事務所へお気軽にご相談ください。

不動産の名義変更

相続に関する手続

被相続人名義の不動産の名義変更をするには、相続登記が必要です。以下は基本的な相続登記の流れです。詳細は、不動産の名義変更を参照してください。

①被相続人や相続人の戸籍・住民票を収集する。
②不動産の登記簿の確認、評価証明書を取得する。
③相続人全員で遺産分割協議をする。
④遺産分割協議書を作成する。
⑤法務局に登記を申請する。

しかし、たとえば、相続人の中に音信不通の人や認知症の人がいる場合は、手続の流れが変わってきます。また、③の遺産分割協議が整わない場合には、円滑に手続を進めることができません。

当事務所では、相続人の調査(戸籍等の収集)、遺産分割協議書の作成、相続登記はもちろんのこと、音信不通の相続人の調査・認知症の相続人のための成年後見人の選任申立てなどトータルでサポートいたします。また、遺産分割協議が整わない場合で、他の相続人への代理交渉や調停等が必要な場合には、当事務所の提携弁護士をご紹介いたしますのでご安心ください。

預貯金の解約・払戻し

被相続人名義の預貯金の解約・払戻しをするには、金融機関での相続手続が必要です。以下は基本的な預貯金解約・払戻手続の流れです(金融機関によって異なる場合もあります)。

①被相続人や相続人の戸籍・住民票を収集する。
②預貯金の残高証明書・取引明細を取得する。
③相続人全員で遺産分割協議をする。
④遺産分割協議書を作成する。
⑤金融機関に相続届や戸籍等の必要書類を提出する。

相続人の中に音信不通の人などがいる場合は、不動産の名義変更と同様です。

当事務所では、相続人の調査(戸籍等の収集)、遺産分割協議書の作成、金融機関へ提出する書類作成・提出はもちろんのこと、音信不通の相続人の調査・認知症の相続人のための成年後見人の選任申立てなどトータルでサポートいたします。また、遺産分割協議が整わない場合で、他の相続人への代理交渉や調停等が必要な場合には、当事務所の提携弁護士をご紹介いたしますのでご安心ください。

なお、相続税申告が必要な場合には、当事務所の提携税理士をご紹介いたしますので、ご安心ください。

相続放棄

相続放棄とは、相続人が遺産の相続を放棄することをいいます。マイナスの財産(借金等)だけではなく、プラスの財産(不動産、預貯金等)も含めてその遺産の全部を放棄することになります。相続放棄は、「私は父の相続を放棄します!」と、他の相続人や相続債権者に意思表明するだけではダメで、家庭裁判所への申述により効果が生じます。

相続放棄の申述期限は、「自己のために相続の開始があったことを知った時から3箇月以内」です。一般的に多いのは、相続人が被相続人の死亡日に相続の開始を知るケースです。この場合は、死亡日から3か月を経過する前に相続放棄の申述をしなければなりません。なお、「特別の事情があれば、被相続人の死亡から3か月が経過していても、相続放棄が認められる可能性もありますので、まずは当事務所へお気軽にご相談ください。

当事務所では、家庭裁判所へ提出する相続放棄申述書の作成から提出、回答書作成の支援までトータルでサポートいたします。なお、当事務所は3か月が過ぎた相続放棄にも対応しております。

お気軽にご相談ください。

基本料金表

司法書士法人あおばの杜の料金表をご確認ください。(別ウィンドウが開きます)

お問い合わせはこちらから